頚椎ヘルニア・頸椎症を自宅で治せるんです!

頚椎ヘルニア・頸椎症@改善 〜自宅治療で辛い痛みから解放〜

頚椎ヘルニア・頚椎症は自宅で治療できないの?

 

主に40〜50代の中高年の方が発症し、年齢と共に増加傾向にある

 

【頚椎(けいつい)ヘルニア・頚椎症(けいついしょう)】!!

 

軽度の症状としては、肩こり・首や後頭部の痛みなど慢性的に出てきます。
そして、重度になってくると歩行障害排尿障害など
下半身へも影響が出てくるんです!!

 

 

そんな【頚椎ヘルニア・頚椎症】は
早めの治療が悪化を防ぐ最善の方法だと思います!

 

肩こり、首の痛みが現れたら、すぐにでも治療を始める事が大切になってくると思います。
肩こりや痛みの時点で治療をしておけば、手術すること無く済むはずです!!

 

 

【頚椎ヘルニア・頚椎症】の治療方法には
大きく分けると「保存療法」・「手術療法」の二つに分けられます。

 

いきなり手術ということは、まず無いと思いますので
【頚椎ヘルニア・頚椎症】の治療は「保存療法」が中心となってくると思います!

「保存療法」には
薬物療法
     …非ステロイド性消炎薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)が有効とされています。

 

理学療法
     …装具療法・牽引療法・物理療法・運動療法があり
       症状による疼痛の軽減を目的として行ないます!

 

ブロック療法
     …注射により神経に直接、またはその周辺に麻酔薬などを注入する治療法。
       痛みの軽減には効果的ですが、一時的にしか効かないことも多いです!

 

牽引療法や物理療法・ブロック療法など自宅では出来ない治療もありますが
最近では、
自宅での治療法として専門医が監修している運動療法(ストレッチ)
が話題です!

 

「手術療法」を行なわなくても「症状が軽くなった!」と言う方も増えているので
ただの肩こりと軽視するのではなく、早めのケアで症状を改善させましょう♪